2007年09月21日

成虫の飼育方法・飼い方

ニジイロクワガタを飼育するには、まず、下記の物を用意します。

・飼育ケース 
⇒ ニジイロクワガタは、大きい個体で70mm程度なので、小型以上のケースがお勧めです。

・飼育マット 
⇒ 湿度を保ち、成虫がもぐって隠れたりと安心出来る環境を作れる。

・転び止めの木又は、樹皮
⇒ 転倒防止がなされていないと、引っくり返ったままもがいて余計な体力を消耗させ、弱らせてしまいますので、絶対に転倒防止用の木や樹皮を入れるようにしましょう!

・エサ
⇒ 成虫に与えるエサとしては、栄養価的な事を考えた場合、バナナが一番良いが、コバエやダニが発生い易いので、衛生上の事を考えるとゼリーが一番進お勧め!昔は、スイカやメロンの食いかすや砂糖水等をを与えていたが、下痢をして寿命が極端に短くなるので、絶対に与えないようにしましょう!

用意が出来たら…

♂♀別々のケースを用意し、成虫の体にあった大きさの転倒防止用の木や樹皮を置き、直ぐに起き上がれる環境を作ってあげて下さい。
転倒防止がなされていないと、引っくり返ったままもがいて余計な体力を消耗させ、弱らせてしまいますので、絶対に転倒防止用の木や樹皮を入れるようにしましょう!

そして、エサと成虫を入れて下さい。
その際、♀は問題ありませんが、♂は長いアゴが邪魔をして中々、上手く食べられないので、
ハサミ等でゼリーのふたに切って与えて下さい。⇒ こうする事で、しっかりと最後までエサを食べてくれます。
また、♂♀共に大食漢で直ぐにエサを食べきってしまうので、切らさないようマメにチェックして下さい!

あとは、20℃前後〜30℃前後の温度の範囲内で飼育して下さい。
(温度が低いと動きが鈍くなり、余計な体力を使わないですみますので、若干、寿命が長くなるようです。逆に高い温度下での飼育は、動きを活発にさせ、体力消耗に繋がります。)
そして、様子を見て1週間位に一度、霧吹きをしまて、乾燥させないようにしましょう!
結構乾燥させてしまって★にしてしまう事が多いので、要注意です!

交尾をさせる時以外は、上記のように♂♀別々にに飼育した方が安全です。
仮に♂♀ともに飼育しると♂が♀を挟み殺してしまったりします。
(かまきりに見られるように栄養補給の為、逆に♀が♂に食らいつくこともあるので注意が必要です。)
posted by ニジイロ大好き! at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56444585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。